高山博之

  1959年に群馬県で生まれる。2年間地質学を学んだ後、気象大学校で気象・地震を学ぶ。
卒業後、気象庁で主に地震・火山の仕事に従事する。

  小さい頃から、鉱物に興味を持つ。最初に採集に行ったのは、中学1年の時である。気象大
学校の頃から、鉱物採集で全国を放浪する。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



 ホームに戻る